【自動車部】 伝統の総合関関戦で勝利し、関学4連覇!

<写真・選手は試合後、笑顔で記念撮影に応じた>
 5月5日、大阪府舞洲スポーツアイランドにて、第41回総合関関戦の前哨戦が行われた。関学は総合タイム2:56.12で関大に勝利した。
 3月の全関ジムカと同じメンバーで挑んだ今回の総合関関戦。第1ヒート(H)では、2走目の田中(理3)がミスコースするも、西谷主将(商3)が0:55.43と堂々の走りをみせた。続く第2Hでは、前川(商3)が西谷のタイムに0.9秒差で迫る好タイム。田中もミスコースすることなくタイムを残し、関学は  2:54.26で関大に勝利し、4連覇となった。
 本日の個人成績は以下の通り。
前川航輝  0:56.33
田中豪  1:02.50
西谷太一  0:55.43
試合後のコメント

西谷太一主将「今年は4連覇が懸かっていたのでプレッシャーがあったが、落ち着いて走行し、勝つことができて良かった。田中のミスコースは良くはないが、2本目でしっかりタイムを残せている。前川は相変わらずの突っ込みドライバーなので、もう少し抑えた走りができればと思う。とはいえ、経験の少ないジムカで自分のタイムに0.9秒差で迫ってきており、成長を感じた。次の全日ジムカも、全員が勝ちたいという気持ちを持って臨みたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です