【準硬式野球部】 2回戦突破! あす、一次トーナメント決勝!

〈写真・5回に1号3ランを放った平井〉
    5月4日、兵庫県関西学院第2フィールドにて関西地区一次トーナメントが行われ、関学は大市大に8-1で7回コールド勝ちとなった。
    関学は、1回に菅原(文2)の出塁から井田(法4)の適時打で先制に成功する。5回には、平井(商4)が2死一、二塁で1号3ランをたたき込んだ。さらに、0-7で迎えた7回。川端主将(文4)がソロアーチを放ち、決勝弾となった。投げては、先発の小柳(教1)が6回無失点の好投。7回コールド勝ちで、一次トーナメント2回戦を突破した。
    次戦はあす、同会場にて1次トーナメント決勝(対近大)が行われる。
○小柳、田中勇(商2)-川端
試合後のコメント
川端一寿主将「序盤に思うように先制できたのが大きい。小柳も調子が上がってきて、本来の投球ができてきている。あすも一戦必勝で全員野球で勝つ」
5回に1号3ランを放った平井裕人「素直にうれしい。走っている時は気持ち良かった。リーグ戦は、打撃の調子が良くなかったが、最近は戻ってきた。あすも、ここぞの場面で打てるように頑張りたい」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です