【バドミントン部女子】 龍大に敗れ、4位で春季リーグ戦を終える

<写真・試合後、集合写真の撮影に応じる選手たち>

 5月4日、関西大学体育館にて平成30年度関西学生バドミントン春季リーグ最終戦(対龍大)が行われた。第1シングルスの上田(文3)が得意のレシーブで粘りを見せるも、ストレート負けを喫した。続く、第2シングルスの佐々木(人3)は今季初めてシングルスで出場するも、0-2で敗北。続く第1ダブルスの北谷(人4)・澤田(教2)ペアも龍大の勢いを止められず、0-2で敗れた。この時点で敗北が決定したため、第2ダブルスと第3シングルスは行われず。セットカウント0-3で敗れた。この結果、春季リーグ戦を2勝3敗の4位で終えた。

本日の結果
S1上田 ★0-2
S2佐々木 ★0-2
D1北谷・澤田 ★0-2

試合後のコメント
重信萌夏主将「絶対に負けたくない、勝ちたいという気持ちが他校に比べ足りなかった。4位という結果はとても悔しい。でも、チーム全体としてすごく一つになれていて、関学の強みであるチーム力を応援の面でも感じた。また、それぞれが力を出し切ることができれば、いい結果につながるという手応えは得られた。自分が1本取るんだという強い気持ちを持って、どこよりも勝ちに貪欲に、泥臭く戦っていきたい。今回の悔しさを忘れず、西日本ではアベック優勝したい」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です