【ソフトテニス部男子】春季リーグ戦3位で終幕

{CAPTION}

〈写真・写真撮影に応じる部員たち〉
5月4日、マリンテニスパーク北村にて平成30年度関西ソフトテニス春季リーグ戦2日目が行われた。 1勝2敗で迎えた2日目。初戦、今年度準優勝となった関外大に力の差を見せつけられ、敗北。続く2戦目の大体大戦では、磯貝(法1)、中村真(法3)ペアが4-1でゲームを取ると、そこから3連勝。3勝2敗で勝利を収めた。2勝3敗で三校が並ぶ大接戦となったが、得失点差で3位で春季リーグを終えた。
本日の試合結果 対関外大 田中維(教3)・内海(商1)★1-4 吉川(法4)・二階堂(人3)★3-4 遠藤(教2)★1-4 磯貝・中村真☆4-1 浦東(教4)・吉信(人3)★2-4
対大体大 磯貝・中村真☆4-1 廣瀧(商2)・古賀☆4-2 遠藤☆4-3 吉川・二階堂★3-4 吉信・浦東★1-4
試合後のコメント 吉川塁主将「どの試合も接戦となっている中で、勝ち切れたところは良かったと思う。3位という結果はみんな良くやってくれたと思う。正直、入れ替え戦も脳裏によぎったが、しっかり切り替えてくれた。チームの雰囲気がいいので、このままの調子で、西日本インカレを迎えたい」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です