【ソフトテニス部男子】1勝2敗で1日目終了


〈写真・雄叫びをあげる二階堂〉

 
 5月3日、マリンテニスパーク北村にて平成30年度関西ソフトテニス春季リーグ戦1日目が行われた。初戦、関大に2勝3敗で敗れると、続く昨年度優勝校の同大にも敗北。3戦目の立命大戦では2セットを先取されるも、遠藤(教2)が重い雰囲気を一掃する逆転勝ち。1勝2敗で1日目を終えた。

 次戦はあす、同会場にて2日目が行われる。

本日の試合結果
対関大
古賀(商2)・鳥居(社2)★2-4
中村真(法3)・磯貝(法1)★3-4
遠藤(教2)☆4-1
内海(社1)・田中海(理4)★2-4
浦東(教4)・吉信(人3)☆4-2

対同大
古賀・鳥居★3-4
二階堂(人3)・吉川(法4)☆4-1
遠藤★1-4
中村真・磯貝☆4-1
浦東・吉信★2-4

対立命大
古賀・鳥居★0-4
磯貝・中村真★3-4
遠藤☆4-1
吉信・浦東☆4-1
吉川・二階堂☆4-3

試合後のコメント
吉川塁主将「初戦、2戦目と昨年度の優勝、準優勝校と当たり、勢いに乗れなかった。立命大には、秋に負けていたのでリベンジできて良かった。先に2つ取られて雰囲気的には重かったが、部員全員が勝ちを諦めていなかったので執念が出たと思う。まだ上位にくい込めるチャンスはあるので、きょうの立命大戦の感じを忘れないでほしい」

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です