【ソフトテニス部女子】下級生の活躍もあり2勝1敗で1日目を終える


〈 写真・試合前、円陣を組むメンバーたち〉

5月3日、マリンテニスパ ーク北村にて平成30年度 関西ソフトテニス春季リーグ戦1日目が行われた。初戦で関大に0-3で敗北。重い雰囲気がチームに漂う。だが、続く2戦目には関外大に3-0で勝利。3戦目は強豪である神戸松蔭大に2-1で粘り勝ち。2勝1敗で2日目を迎える。半田(法2)ら下級生の活躍が目立った。
次戦はあす、同会場にて2日目が行われる。

本日の試合結果
対関大
山口(経3)・半田★3-4
福田★0-4
竹田(社4)・大山(商2)★0-4

対関外大
山口・半田☆4-0
中村☆4-3
福田・竹田☆4-2
対神戸松蔭大

山口・半田☆4-3
中村☆4-3
福田・竹田★0-4

試合後のコメント
竹田茜主将「今までなら初戦の負けでズルズルといってしまう所を押さえることができた。秋から言ってきた応援などの雰囲気づくりができていたからだと思う。また、今回で下級生の力の伸びが分かってうれしかった。少しでもいい位置で終えられるように、部員全員で取り組みたい」

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です