【バドミントン部男子】 龍大撃破!あす関西制覇を懸けた運命の立命大戦!

<写真・龍大に勝利し、満面の笑顔で喜ぶ選手たち>

    5月3日、関西大学体育館にて平成30年度関西学生バドミントン春季リーグ第4戦(対龍大)が行われた。関学は第1シングルスの北里(総4)が第1セットを奪われ、リードされるも、エースの意地を見せて逆転勝利。リーグ戦20連勝を決めた。続く、第2シングルスの戸内(人2)も2-1で勝利を収めた。第1ダブルスの山下(人4)・石川(文4)ペアが今季初黒星。第2ダブルスの北里・鍵谷(人3)もストレート負けを喫した。最後は、第3シングルスの中原(商4)がフルセットの末、勝利。リーグ戦7季連続優勝中の龍大を撃破した。
    次戦はあす、関西制覇を懸け、関西大学体育館にて同大会最終戦(対立命大)が行われる。

本日の結果
S1北里 ☆2-1
S2戸内 ☆2-1
D1山下・石川 ★0-2
D2北里・鍵谷 ★0-2
S3中原 ☆2-1

試合後のコメント
石川泰成主将「きょうはシングルスの3人がよく頑張ってくれた。龍大に勝つことができて、本当にうれしい。みんなが苦しい場面でも逃げずに、チャレンジャーとして試合に臨めている。応援も声がよく出ていて、チームの一体感をとても感じた。あすの立命大も龍大に勝って、勢いのあるチーム。引いた方が負けると思う。だから、常に気持ちで負けずに、自分がチームのために何ができるのかをそれぞれが考えて、力を出し切りたい。そして、チーム全員で優勝する」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です