【バドミントン部女子】 立命大に敗れ、今季初黒星


<写真・第3シングルスで勝利した重信>

 4月30日、関西大学体育館にて平成30年度関西学生バドミントン春季リーグ第3戦(対立命大)が行われた。第1シングルスの上田(文3)、第2シングルスの蘭(社4)が共に0-2で敗北。続く第1ダブルスの重信(人4)・村田(経2)ペアも立命大の勢いを止められず、1-2で惜しくも敗れた。この時点で敗北が決定したが、第3シングルスの重信が主将として、意地の勝利。だが、チームは1-4で敗れ、今季初黒星を喫した。
 次戦は5月3日、関西大学体育館にて同大会第4戦(対同大)が行われる。

本日の結果
S1上田 ★0-2
S2蘭 ★0-2
D1重信・村田 ★1-2
D2結城(法3)・佐々木(人3)★1-2
S3重信 ☆2-0

試合後のコメント
重信萌夏主将「いつも立命大とは相性が良くないので、接戦になるとは思っていた。3連勝で予選リーグを終えたかったから悔しい。でも、チーム力や応援は負けていなかったし、すごく良かったと思う。ベンチ外の選手たちが負けていても、笑顔で応援してくれて、とても勇気づけられた。次に戦う同大は秋のリーグ戦で負けている相手。気持ちで引かずに、思い切り楽しんで勝ち切りたい」



SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です