【卓球部】 男女ともにリーグ戦2連勝!

image1.jpeg

<写真・リーグ戦初勝利を決めた竹田>

 4月29日、京都府横大路運動公園体育館にて平成30年度春季関西学生卓球リーグ戦2日目が行われ、男子は関大、女子は龍大と対戦し、男子は4-3、女子は6-1で勝利した。

男子は第1シングルスの備本(経4)が惜敗するも、続く山下(経2)がストレート勝ち。第3シングルスでは高橋(商3)が坂根(関大)との関西選手権王者対決で、会場を沸かせる戦いを見せるも敗戦。1-2でダブルスを迎える。ダブルスはフルセットの末に3-2で勝利した。第5シングルスと第6シングルスで1勝1敗となり、勝敗は第7シングルスの大西尚(商2)に託される。大西尚はこの相手に冷静に対処し、3-1で勝ち。第7試合まで勝敗がわからない、接戦をものにした。

女子は第1シングルスで池上(教4)が難なく勝利し、勢いそのまま小脇(社2)、竹田(国1)が連勝。ダブルスで相手も粘りのプレーを見せるが寄せつけず、圧倒的な実力で勝利をつかんだ。

次戦はあす、京都府横大路運動公園体育館にて、ダブルヘッダーのため男子は同志社大と龍大、女子は京産大と関大と対戦する。

試合結果

男子団体 4-3

1 備本 ★2-3

2 山下 ☆3-0

3 高橋 ★1-3

4 高橋・廣田雅(経3)☆3-2

5 廣田雅 ★ 1-3

6 卯木(法3)☆ 3-1

7 大西尚 ☆ 3-1

 

女子団体 6-1

1 池上 ☆3-0

2 小脇 ☆3-1

3 竹田 ☆3-0

4 池上・青木(社4)☆3-1

5 宮脇 (国3)★1-3

6 津隈 (商4)☆3-0

7 青木 ☆3-0

試合後コメント

備本将男子主将「きょうは苦しんだけど、結果は勝ててよかった。ダブルスや第6試合、第7試合で接戦をものにできたのはチームとして大きなこと。明日は体力的に厳しいダブルヘッター。チーム全員で勝ち切ればいいと思う」

青木沙也花女子主将「龍大に圧倒的に勝てたのは近年なかなかないこと。最後まで気を抜かず、プレーできて内容的にもいい試合だったと思う。明日は7-0で勝つことを目指して集中力を保って頑張りたい」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です