【バドミントン部男子】 近大に4-1で勝利し、連勝!

<写真・第2シングルスで勝利した中原>

 4月29日、龍谷大学体育館にて平成30年度関西学生バドミントン春季リーグ第2戦(対近大)が行われた。関学は第1シングルスのエース北里(総4)が昨日に続き白星を挙げ、先陣を切る。続く、第2シングルスの中原(商4)が第1セットを奪われたものの、逆転勝ちを収めた。第1ダブルスの山下(人4)・石川(文4)ペアが2-0で勝利し、この時点で3勝を挙げ、白星を確定させた。第3シングルスの福原(社3)は惜敗したものの、4-1で開幕から連勝スタートとなった。次戦はあす、関西大学体育館にて同大会第3戦(対京産大)が行われる。

本日の結果
S1北里 ☆2-0
S2中原 ☆2-1
D1山下・石川 ☆2-0
D2川波(社2)・鍵谷(人3)☆2-1
S3福原 ★0-2

試合後のコメント
石川泰成主将「きょうはみんなが粘り強く、攻めるバドミントンをしてくれた。近大の勢いのある1年生に対して、北里と中原が勝ち切ったのが大きい。また、勝利が決まった後でも、応援の声がよく出ていて、チームとして一体感があったと思う。だが、連勝できたからと言って油断してはいけない。どんな相手でもチャレンジャー精神を持って、立ち向かっていければいい結果はついてくると思う。残り3戦も一戦一戦を大切にして、全員で勝ちに行きたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です