【バドミントン部女子】 4-1で天理大撃破!

<写真・第2ダブルスで勝利した重信(右)・村田ペア>

 4月29日、龍谷大学体育館にて平成30年度関西学生バドミントン春季リーグ第2戦(対天理大)が行われた。第1シングルスの蘭(社4)が相手エースに0-2で敗北。プレッシャーが掛かる中、第2シングルスの上田(文3)が、ストレート勝ちを収め、試合を振り出しに。続く第1ダブルスの重信(人4)・村田(経2)ペアもエースダブルスとして2-0で勝ち切った。第2ダブルスの結城(法3)・佐々木(人3)ペアも、ストレート勝ちし、関学の勝利を決めた。最後は岩崎(教4)がフルセットのデュースまでもつれ込むも、粘り勝ち。4ー1で勝利し、開幕連勝を決めた。
 次戦はあす、関西大学体育館にて同大会第3戦(対立命大)が行われる。

本日の結果
S1蘭 ★0-2
S2上田 ☆2-0
D1重信・村田 ☆2-0
D2結城・佐々木 ☆2-0
S3岩崎 ☆2-1

試合後のコメント
重信萌夏主将「きょうは応援を含め、みんなが一つになれて戦えた。蘭が負けた後に、上田がきっちり勝ち切ってくれたのが良かった。最後の試合も応援が勝てた要因の一つだと思う。相手がどこであろうと、何があるかわからない。誰かが1本を取ってくれるではなく、自分たちが絶対に勝つという気持ちを持って、思い切ったプレーをしていきたい。きょうのような雰囲気を、負けているときでも出せるようにして、一人一人が意味のある試合をして楽しんで勝ち切りたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です