【硬式野球部】 藤井が完投し、リーグ戦初勝利

<写真・自身初の完投勝利を挙げた藤井>
 4月28日、大阪府大阪市南港中央野球場にて平成30年度関西学生野球連盟春季リーグ戦第4節(対京大1回戦)が行われた。関学は前半に3回連続三者凡退に終わるなど、打線が沈黙。しかし、6回に赤川(法4)から打線がつながり、小越(教4)の適時打で同点とする。さらに、姫野(社4)の三塁打に相手のエラーが重なり、走者一掃の3得点を挙げ、決勝点となった。投げては先発の藤井(法4)が、序盤から安定した投球を見せ、10奪三振。4回に1本の本塁打を1本浴びたものの、その後は無失点に抑え京大打線を封じた。関学は京大に4-1で勝利し、リーグ戦初白星を挙げた。
   次戦はあす同会場にて第4節対京大2回戦が行われる。
1 2 3 4 5 6 7 8 9
関学 0 0 0 0 0 4 0 0 0 4
京大 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
【関学】○藤井ー大上(商3)
【京大】●藤原ー長野
[本塁打]京大:鈴木一
[三塁打]関学:姫野
[二塁打]関学:中西(商4)
京大:西
試合後のコメント
木内監督「藤井投手の活躍に尽きます。前回の登板より、ボールの勢いがあり、低め低めに集めることができていた。打線は、相手の投手が良かっただけにポップフライが多かった。あすもいい投手なので、強い打球を打つ意識を持ってほしい」
片山翔太主将(商4)「きょうは序盤に流れをつくれず、淡々とした試合運びになってしまった。後半は、絶対に2点以上取ると、みんな気合いが入っていた。小越と姫野はよく打ってくれたと思う。先発の藤井もよく粘ってくれた。あすは何としてでも2勝目を挙げられるように、自分たちの野球で初回から飛ばしていきたい」
自身初完投勝利を挙げた藤井涼介「(完投してみて)体力がないなと感じた。でも、昨年よりは昇格したかな。(前回の登板と比べて)前はまっすぐを押しすぎて、狙われていた。きょうは、見せ球として変化球がうまく入ってくれた。(次の登板に向けて)やっと試合がつくれた。次は違う形で試合を組み立てていきたい」
走者一掃の三塁打を放った姫野「きょうは、エース藤井が我慢して投げてくれたのに応えようと打席に立った。狙い球を絞って思いっきり振ることができてよかった。今年の京大は例年よりも強くていいチーム。変に力まず、楽しんで野球をしたい」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です