【バドミントン部女子】 京産大に勝利し、開幕戦白星!

<写真・第1ダブルスでガッツポーズする結城・佐々木ペア>
 4月28日、龍谷大学体育館にて平成30年度関西学生バドミントン春季リーグ第1戦(対京産大)が行われた。第1シングルスの蘭(社4)、第2シングルスの上田(文3)が、ファイナルゲームに持ち込むも勝ち切り、勝利に大手をかけた。続く第1ダブルスの結城(法3)・佐々木(人3)ペアも、ファイナルゲームを制し、関学の勝利を決めた。残る2戦も勝利し、5ー0で幸先の良いスタートを切った。
 次戦はあす、龍谷大学体育館にて同大会第2戦(対天理大)が行われる。
本日の結果
S1蘭 ☆2-1
S2上田 ☆2-1
D1結城・佐々木 ☆2-1
D2北谷(人4)・澤田(教2)☆2-0
S3岩崎(教4)☆2-1
試合後のコメント
蘭沙也可女子副リーダー
「5ー0でしっかり勝ちきれたが、接戦でファイナルにいくことが多かった。リーグ戦への一人一人の意識を高めていかないといけない。次戦の天理大は最近1部に上がってきたが、きょうの試合で立命大に勝っているから、気持ちを新たに作り直したい。あくまで、目標は優勝だからあすも勝ち切る」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です