【体操部】 西日本インカレで巻き返し図る


<写真・女子個人総合選手権で19位に入った原>

 

 

 4月22日、奈良県橿原公苑第一体育館にて第60回関西学生体操選手権大会体操競技の部が行われた。今大会は男子が団体戦、女子が個人戦での出場。男子団体総合選手権では昨年より2つ順位を下げ、5位となった。男子個人総合選手権では山田( 人4)が関学勢最高の26位。また、女子個人総合選手権では原(教3)が19位に入った。男女ともに今年度初の公式戦をのびのびと演技したが、けがの影響もあり結果は伸びなかった。全日本インカレへの切符を懸けた西日本選手権で巻き返しを図る。

 

 

<主な戦績>

 

男子団体総合選手権 5位

 

ゆか 55.500点

 

あん馬 51.950点

 

つり輪 52.350点

 

跳馬 59.000点

 

平行棒 54.500点

 

鉄棒 55.100点

 

合計 328.400点

 

 

男子個人総合選手権

 

山田大貴 26位 66.350点

 

川島英裕(国4)30位 64.450点

 

難波竜馬(社2)32位 64.000点

 

尾崎雄平(総3)40位 61.150点

 

佐々木将(社4)48位 56.550点

 

安藤隆文(教4)53位 53.750点

 

臼井大起(人3)64位 46.000点

 

 

女子個人総合選手権

 

原朝未 19位 44.300点

 

梶原かれん(人1)35位 38.500点

 

成瀬瑠花(国3)62位 17.550点

 

 

 

試合後のコメント

 

安藤隆文主将「練習不足もあり、思い通りの演技ができなかった。今季最初の大会で硬さもあったと思う。今年のチームは昨年とは違いスポーツ推薦が少ない。だが、言い訳にせずそれぞれが自分のベストを出せるのが一番だと思う。団体戦でのインカレ出場は厳しいけれど、個人戦で1人でも多くがインカレに出られるようにしたい。そして、西日本インカレでは今大会で結果を残せなかった悔しさを糧にして、チーム全員で頑張りたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です