【陸上ホッケー部女子】 同大に苦戦も、開幕連勝!


​<写真・均衡を破り、先制点を決めた原田>
 4月22日、関西学院大学三田キャンパスグラウンドにて平成30年度関西学生ホッケー春季リーグ予選第2戦が行われ、関学は同大に2-0で勝利した。
 前節で大量得点を挙げ、勢いに乗る関学だったが、同大相手に苦戦。相手の守備に困惑し、チャンスを作ることができないまま試合は進んだ。そして、両者無得点のまま第2クオーター(Q)が終了。気持ちを入れ替え臨んだ第3Qだったが、サークルインを繰り返すも得点にはつながらない。そして迎えた第4Q3分、寺川(文3)がドリブルでサークルインをすると、原田(国3)が均衡を破る先制点を決めた。その直後ペナルティーコーナー(PC)を獲得し、加藤(法3)が追加点を決め、2-0で開幕連勝となった。
 次戦は5月13日、天理親里ホッケー場にて、春季リーグ予選第3戦(対天理大)が行われる。

試合後のコメント
若月舞主将(経4)「点を入れるまでに時間がかかって、元気も無かった。でも1点入れて、チームとしても盛り上がることができたので、次は第1Qからその空気を作りたい。次の天理大戦は、相手のスピードも速いので、今のままではいけない。やるべきことを明確にして練習していく」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です