【洋弓部女子】 リーグ第4戦、立命大に快勝

<写真・30金を出し、その場でチームに伝える末迫>  
 4月22日、京都大学レンジにて第53回関西学生アーチェリーリーグ戦第4戦が行われ、関学はG.T.(グランドトータル)2954ー2801で立命大に勝利した。                         
 天候に恵まれ、50㍍競技第1ラウンドから15点差をつけてリードを奪う。末迫(人4)、増本(総4)、北川(社3)が、50㍍競技全6立で45点以上の好記録を出し続けた。30㍍競技では、序盤リードされるも、末迫と北川が個人総合G.T.600点超えを果たすなど、関学のペースを守りきり白星を勝ち取った。
 次戦は4月29日、関西大学レンジにて近大との最終戦が行われる。
試合後のコメント
末迫春乃女子リーダー「風もなく、得意な天候だった。京大レンジは応援との距離が近く、序盤から雰囲気も良かった。3000点には乗せれなかったが、1人1人がベストを出し切り、4戦の中で一番良い試合だったと思う。次の近大戦で関学が出せるベストの結果を残したい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です