【卓球部】 秋山が個人戦優勝し、2冠達成!

image1.jpeg


<写真・ 閉会式後、メダルと表彰状を持ち記念撮影をする秋山>

  

 4月21日、京都府向日市民体育館にて第60回関西学生新人卓球大会最終日が行われ、女子個人戦で秋山(教1)が優勝し、光根(法1)が3位となった。昨日に引き続き男子は5回戦、女子は4回戦以降が行われ、男子はベスト8に楊(経1)が進出。だが、準々決勝で2ー3で敗れた。一方、女子は4名が4回戦を突破。5回戦では光根(法1)と秋山が勝利した。準々決勝では同校対決。両者一歩も譲らないシーソーゲームとなったが秋山が接戦を制した。決勝戦でも1セット落とすも安定したプレーを見せ勝利した。本日で大会日程全てが終了した。

 次戦は4月28日、横大路運動公園体育館にて平成30年度春季リーグ戦が行われる。

試合結果

男子個人戦

5回戦

楊 (経1)3ー2

萩原(商1) 3ー1

6回戦

楊  3ー1

萩原 1ー3

準々決勝

楊 2ー3

女子個人戦

4回戦

竹田(国1)3ー0

光根(法1) 3ー1

秋山(教1)3ー0

赤澤 (社1)3ー1

5回戦

竹田 2ー3

光根 3ー1

秋山 3ー1

赤澤  0ー3

準々決勝

光根 3ー0

秋山 3ー1

準決勝

秋山 3ー2 光根

決勝

秋山 3ー1


試合後のコメント
秋山悠香「初めて優勝できて信じられない気持ちでいっぱい。関学のみんなが応援してくれた。たくさんの人の支えがあったから優勝できた。今まで以上に高めて、春季リーグに出場できたら勝ってチームに貢献したい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です