【ソフトテニス部男子】 遠藤が関学勢3年ぶりとなる関西制覇

〈写真・関西制覇を決めた遠藤〉

 

 4月21日、同志社大学多々羅キャンパスにて平成30年度関西学生ソフトテニスシングルス選手権大会3日目が行われた。

 ベスト32以降のトーナメントが行われ、関学男子からは6名が出場。そのうち、遠藤(教2)が関学勢からは3年ぶりとなる優勝を果たした。また、内海(社1)、廣瀧(社2)の2名がベスト16。田中海(理4)、吉信(人3)、古賀(商2)がベスト32で今大会を終えた。

 

[2日目の試合結果]
・優勝
遠藤爵由

 

・ベスト16
廣瀧開
内海瑛

 

・ベスト32
田中海斗
吉信克哉
古賀亮志

 

試合後のコメント
優勝を収めた遠藤「きょうは受け身にならず、攻めのテニスで勝ち上がることができた。自分のペースでできたと思う。リーグ戦に向けていい結果を残せて素直にうれしい。今回の結果を生かして、リーク戦に向けて準備したい」

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です