【ソフトテニス部女子】 ベスト32で終幕

<写真・サーブを放ちコースを見極める中村>

 
    4月21日、同志社大学多々羅キャンパスにて平成30年度関西学生ソフトテニスシングルス選手権大会3日目が行われた。関学女子からは高橋(経1)、半田(法2)、中村(文3)の3名が出場。3名ともに強豪相手に食らいつくも、一歩及ばず。3名全員が5回戦で敗退し、今大会ベスト32で終幕となった。

[本日の試合結果]
・5回戦敗退
半田椋華
高橋紅羽
中村仁菜
  
試合後のコメント
竹田茜主将「きょうは3人とも勝てない相手ではなかった。今回の大会でまだまだだということを自覚してほしい。でも、技術は負けていない。今大会で得たものを夏につなげていってほしい」
  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です