【硬式野球部】  追い上げ見せるも開幕2連敗

<写真・3安打2打点の活躍を見せた赤川>
 
 4月18日、大阪府大阪市南港中央野球場にて平成30年度関西学生野球連盟春季リーグ戦第2節(対近大2回戦)が行われた。1回裏、赤川(法4)の安打から相手のエラーで無死三塁のチャンスをつくるも、無得点に終わる。続く2回、先発の原(経2)が打者一巡の猛攻を受け、9失点。2回2/3までを投げ降板する。救援した黒原(社1)が3、4回連続で三者凡退。4回無失点の好投を見せた。9点のリードを許したまま迎えた5回裏。花本(経3)と中西(商4)が適時打を放ち、2を返す。さらに6回裏には、板倉(教3)の犠飛と赤川の適時打で3点を追加。きょうも終盤追い上げを見せるも、5ー9でリーグ戦開幕2連敗となった。
 次戦は、同会場にて第3節対京大1回戦が行われる。

【関学】●原、黒原、宮本(社3)、藤井(法4)ー板倉(教3)
【近大】○谷川、伊波ー川上
[三塁打]近大:中家
[二塁打]近大:中家、川上、伊波
試合後のコメント
木内監督「選手にも伝えたが、投手起用のミスが敗因。(先発した原を)変えるのが遅すぎた。今年のチームは、最後まで諦めないところが特徴。0点で終わらず、きょうも終盤に5点を取った。いい流れで終われているので、勝ち点以上の収穫はあった」
片山翔太主将(商4)「実力不足に尽きる。どこかで相手の流れを止めることができた。連敗して勝ち点を落としたが、これで終わりじゃない。勝ち続けるとチャンスもあると思うので、全員で準備したい」
3安打2打点の活躍の赤川太一「きょうは課題の投手が打たれてしまったが、諦めずに5点を取ることができた。個人的に、初回に走塁ミスをしてしまい、流れを潰してしまったのは悔しかった。だが、積極的に打ててよかった。次戦の京大戦は必ず2連勝したい」
4回途中無失点と好投した黒原拓未「(昨日、リーグ戦初登板してみて)結果どうこうではなく、楽しかった。(きょうの投球内容は)真っ直ぐも決まって、フォークも良かったので、カウントでも決め球でも使えた。チームの先輩からも期待されているので、もう少し投手陣が踏ん張れるようにチームの意識をげていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です