【硬式野球部】 あすにつながる粘りを見せるも開幕黒星

<写真・7回に人生初の本塁打を放った中西>
 4月17日、大阪府大阪市南港中央野球場にて平成30年度関西学生野球連盟春季リーグ戦第2節(対近大1回戦)が行われた。関学は初回に先制に成功。3、4回に投手陣がつかまり、計9失点。終盤に中西(商4)の本塁打や9回に猛攻で粘るも、7ー10で敗れた。 先発の藤井が誤算だった。3回表、先頭に死球を与えてから連打を浴び、4失点。3回途中で降板する。1ー5で迎えた4回、救援した神野(商4)が満塁本塁打を浴び、さらに追加点を与える。打線は9回に代打の高尾(社3)が内安で出塁すると、続く花本(経3)が適時打を放ち、1点を追加。小越(教4)も適時二塁打を放つなど5得点を挙げた。終盤に粘りを見せるも、7ー10で敗北。開幕戦は黒星発進となった。
    あす、同球場で12時から対近大2回戦が行われる。
【関学】●藤井、宮本(社3)、神野、小田(経3)、黒原(社1)ー板倉(教3)
【近大】○小寺、横山、宮﨑洸ー井上
[本塁打]関学:中西
近大:佐藤
[三塁打]近大:佐藤
[二塁打]関学:姫野(社4)、小越(教4)
近大:森田、竹村
試合後のコメント
木内監督「藤井が誤算だった。甘いコースに入り、連打を打たれた形だった。打線は、先制できたのは良かったが、やっぱり相手の投手は良かった。最後に点を取れて終われたのは収穫。あすも最後のようないいムードで勝ちにいく」
片山翔太主将(商4)「初回にいい感じで先制できたが、3、4回にビッグイニングをつくられてしまった。終盤に途中出場の選手が、打ってくれてあすにつながるいい形になった。9回のように全員でつないで、まずあした勝ちたい」
7回に人生初の本塁打を放った中西恵吾「夢の時間だった。ホームランを打った感覚は分からなくて、二塁ベースを踏んで分かった。ベンチもスタンドのみんなも喜んでいたのでうれしかった。ホームランボールは家に帰ってお母さんに見せる」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です