【洋弓部男子】開幕3連勝で入れ替え戦出場当確

〈写真・試合新を記録した石原〉
   
 4月15日、神戸大学レンジにて第58回関西学生アーチェリーリーグ戦第3戦が行われ、関学はG.T.(グランドトータル)4886-4589で神学大に勝利した。今試合で開幕3連勝となった。
  50㍍競技では、近藤(経2)、石原(法2)が300点に迫る好記録を叩き出すなど、終始相手をリード。前半を2285-2042で折り返す。続く30㍍競技でも得点を伸ばし、石原が試合新となる633点を記録するなど圧倒。最終的には300点近く差をつけ快勝した。これにより関学は入れ替え戦出場が当確となった。
  次戦は4月22日、近畿大学レンジにて記録会(対市大、大産大)が行われる。
試合後のコメント
 飯田拓己主将(経4)「大差をつけ勝てたのは良かった。だが、きょうは先日の練習試合でチーム目標としている4900点を出せたこともあり、この試合でも出したかったが、一歩及ばなかったのは残念だった。やはり4900点を出さないと入れ替え戦で勝つことはできないと思うので、原因をしっかりと突き止めて出せるようにしたい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です