【ソフトテニス部女子】 2名がベスト32入りを決める

<写真・1年生ながらベスト32入りを決めた高橋>
 
    4月15日、同志社大学京田辺キャンパスにて平成30年度関西学生ソフトテニスシングルス選手権大会2日目が行われた。関学女子からは6名が出場。そのうち、高橋(経1)、半田(法2)の2名がベスト32入りを決めた。なお、中村(文3)はきのうの時点でベスト32入りを決めている。ベスト16を懸けた試合は21日、同志社大学京田辺キャンパスにて行われる。
 
[本日の試合結果]
・5回戦進出
半田椋華
高橋紅羽
・4回戦敗退
竹田茜(社4)
野崎茜(文4)
永尾雪花(社3)
小林智佳(人2)
 
試合後のコメント
竹田茜主将「きょうはきのうに引き続き、下級生が頑張ってくれて刺激になった。きょう負けてしまった人は、技術的には負けていなかったが、勝負どころで我慢できなかった。リーグ戦が控えているので、気持ちを切り替えていきたい。きょうベスト32まで進んだ人は、チームの代表という気持ちで来週も頑張ってほしい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です