【準硬式野球部】 関大に快勝! 阪大と同率2位で関西選手権望み残る!

〈写真・6回三塁打を放ち猛攻の流れをつくった井田〉
 4月12日、大阪府・大阪シティ信用金庫スタジアムにて平成30年度関西六大学準硬式野球春季リーグ戦が行われ、関学は関大に5-2で勝利した。
    先攻の関学は1回、1番菅原(文2)が四球を選び出塁する。3番久保田(商4)のエラー出塁などもあり、2死満塁の場面。期待の新人小柳(教1)が四球を選び、押し出しで先制する。2-1の関学リードで迎えた6回。先頭の井田(法4)が右三塁打を放つと、川端(文4)が適時打を放ち生還。その後もチャンスが続きこの回一挙、3得点。試合を決定づけた。投げては、先発の中村祐(商3)が5回1失点と好投。継投したエース古澤(文4)もピンチはつくるも4回1失点と最少失点で抑え、勝利に貢献した。関学は4勝4敗1分となり、現在阪大と同率2位。関西選手権出場への望みを残した。
    次戦はあす、大阪府大阪シティ信用金庫スタジアムにて第5節2戦目(対関大)が行われる。
○中村祐、古澤-川端
1 2 3 4 5 6 7 8 9
関学 1 0 1 0 0 3 0 0 0 5
関大 0 1 0 0 0 0 0 1 0 2
試合後のコメント
川端一寿主将「今までで一番いい試合ができた。もともとバッティングに自信があるチームで、バッティングは波があるので我慢の時期が終わった。あすもきょうのような形で一丸となって勝つ」
6回猛攻の流れをつくった井田昇吾「1打席目が満塁の場面で凡退になってしまって、3打席目取り返そうと思ったら打てた。真ん中低めのスライダーを上手いこと飛ばした。あすも厳しい戦いになると思うが、勝ちに貢献したい」
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です