【陸上ホッケー部男子】 為国のハットトリックでリーグ開幕戦白星!

<写真・先制点を決めた為国>

4月8日、甲南大学ホッケーグラウンドにて平成30年度関西学生春季リーグ予選第1戦が行われ、関学は京大に3-0で勝利した。
前半開始直後、いきなり試合は動いた。前半3分、ペナルティコーナー(PC)を獲得すると、為国(社3)が先制点。1-0で前半を折り返す。後半も開始直後に流れは関学に。後半1分、為国の放ったシュートが相手のスティックに当たり、そのままゴールへ入った。その後、同21分にも為国がPCから得点し、ハットトリックを達成。開幕初戦を3-0の白星で終えた。

次戦は4月14日、天理親里ホッケー場にて、春季リーグ予選第2戦(対朝日大)が行われる。

試合後のコメント

時田浩成主将(人4)「とりあえず最初の出だしとして勝ててよかった。でも、もっと点数を入れられたと思う。フィールドゴールにもう少しこだわっていかないといけない。次戦対戦する朝日大はドリブルが得意でスピード感がある。勝てたら王座が決まるので、頑張りたい」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です