【陸上ホッケー部女子】 開幕戦は14得点で圧勝!

<写真・開幕弾を決めた若月>

 4月8日、甲南大学ホッケーグラウンドにて平成30年度関西学生ホッケー春季リーグ予選第1戦が行われ、関学は京大に14ー0で勝利した。
 試合が動いたのは前半7分。若月(経4)が開幕弾を決めると、直後、原田(国3)もゴール。佐守(商3)、小笹(社4)、寺川(文3)も追加点を決め、前半だけで7得点を挙げた。後半も関学の勢いは止まらず、佐守、小笹がハットトリックを達成。14ー0と圧勝で開幕戦白星を飾った。
 次戦は22日、関西学院大学三田キャンパスグラウンドにて予選第2戦(対同大)が行われる。


試合後のコメント
若月舞主将「私たちが掲げるテーマの一つである得点力を特に意識した。14点決めることができたので、テーマを達成できたと思う。でも、もっと丁寧にできた部分もあった。次戦の相手、同大は簡単に得点できる相手ではない。ディフェンスとミッドフィルダーからしっかり組み立てて、フォワードが点を決め切りたい」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です