【洋弓部男子】  リーグ2戦目桃大に大差で勝利!

 
<写真・行射する近藤>

 

    4月8日、関西大学レンジにて第58回関西学生アーチェリーリーグ戦第2節が行われ、関学はG.T.(グランドトータル)4853ー4671で桃山学院大学に勝利した。

    50㍍競技では、近藤(経2)がチーム最高点となる300点を出すなど、終始関学がリード。79点差で50㍍競技を終え、続く30㍍競技でも高得点を叩き出し、182点差をつけ勝利を収めた。また8人中6人が600点以上を記録するなど、強さを見せつけた。

    次戦は4月15日、神戸大学レンジにて神大とのリーグ第3節が行われる。

 

試合後のコメント 

飯田拓巳主将(経4)「きょうは2戦目で、初戦よりは緊張せずいつも通りの雰囲気で挑めた。リーグ戦のなかで山場となる試合だったが、勝ててよかった。近藤は普段よりも力を出せていた。試合でこんなに打てる選手はなかなかいないので期待している。リーグ戦で4900点を出すことを目標としているので、反省を生かして頑張りたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です