【ハンドボール部女子】  リーグ戦開幕、白星スタート

<写真・8得点をあげた河村>
 4月8日、関西福祉科学大学にて平成30年度関西学生ハンドボール春季リーグ第1戦が行われ、関大に26ー13で勝利した。
 試合開始3分で、河村(社4)が先制。その後すぐ追いつかれたが、前半13分から8連続得点を決め、14ー7で折り返す。後半開始3分、新入生の伊藤(文1)がゴールを決め、流れは再び関学に。ミスもあり、速攻を決めきることができない場面もあったが、26ー13で勝利。リーグ戦白星発進となった。
 次戦は4月15日、関西大学にてリーグ第2戦(対武庫女大)が行われる。
試合後のコメント
山西志歩主将(経4)「速攻のラインがどうしても上がらなかったのは課題。次の武庫女大戦は速攻がキーになると思うから、修正していく。初戦ということでみんな緊張してたけど楽しくできて、逆に前に前に走り過ぎた。でも、16失点以内に抑えられたのはよかったと思う。春リーグ3位を目指すにあたって、次勝てたら確実になれるくらい順位に関わってくる試合。まだ勝ったことが無いので、部の歴史の1ページにもなれる。やってきたことを信じて一生懸命に挑みたい」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です