【水上競技部競泳パート】 平松 今季初長水レースで好スタート!

 

<写真・自己ベストプラス0.5秒の好タイムを記録した平松>

 4月7日、東京辰巳国際水泳場にて、第94回日本選手権水泳競技大会 競泳競技5日目が行われた。平松聖隆(商2)が男子100㍍自由形予選に出場。今季初の長水レースで51秒85の自己ベストプラス0.5秒で好スタートを切った。

 あすも同会場にて大会は行われるが、関学勢の出場はきょうで終了。次戦は4月15日に大阪府RACTABドームサブプールで行われる関関戦前哨戦となる。また、日本水泳連盟主催で行われる大会では5月に行われるジャパンオープンに出場予定だ。

 

記録は次の通り

100㍍自由形予選

45位 平松聖隆 51秒85

 

試合後のコメント

平松聖隆「去年よりは緊張せずに泳ぐことができた。前半攻めると決めていて、攻めのレースができたが後半でばててしまった。今年の夏までに50秒台を出したいので、技術面を見直していきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です