【サッカー部男子】 リーグ記者会見にて今季の意気込みを語る

〈写真・立命大の主将と握手を交わす藤原〉

4月2日、大阪新阪急ホテルにて2018年度第96回関西学生サッカーリーグ記者会見が行われた。1部リーグに所属する12チームの監督、主将が集まり、今年度の目標や初戦への意気込みを語った。関学からは、藤原主将(商4)と全日本選抜に選出された 髙尾(経4)が出席。藤原が関学を代表してリーグ戦への熱い思いを述べた。

コメント
古塚恵太郎監督「昨年の前期はそこそこの成績だったが、後期で他チームの成長に追いつけずインカレ出場を逃した。今年は一試合一試合を全力で取り組んで前期を良い位置でキープさせ、関西選手権や天皇杯、総理大臣杯へとつなげていく。注目選手のDF髙尾は1年時から出場し、スピードとドリブルの突破が持ち味。MF中野(商4)は昨年得点王にも輝いた選手で、今年もチームを引っ張ってほしい。4年生のこの1年の頑張りに期待しています」
藤原樹主将「去年悔しい思いをしたメンバーが中盤を中心にたくさん残っている。勝負強いチームになり、目標の関西制覇、日本一を達成する。初戦の立命大は関学と同じくボールを大切にするチーム。主導権を握って勝ちにいく」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です