【自動車部】 男子団体表彰台届かずも、女子団体優勝

20180314%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・試合終了後、選手は笑顔で撮影に応じた>
 3月14日、奈良県名阪スポーツランドCコースにて平成30年度第1回全関西学生ジムカーナ選手権大会が行われた。関学は男子団体が4位、女子団体は優勝。個人では西谷(商2)が3位で初の表彰台に立ち、濱野(社3)が女子個人優勝となった。
第1H(ヒート)から波乱の展開を見せた。切り込み隊長の前川(商2)が車両の配線トラブルのためリタイア、続く田中(理2)はミスコースのため失格。しかし、主将の西谷が意地を見せ、暫定1位につける。第2Hでは大会運営の都合により、3名のうち2名が走行。前川と田中が奮闘するも、表彰台は一歩及ばず4位で試合を終えた。
 
 本日の個人成績は以下の通り。
男子個人順位
前川航輝 0:58.529 8位
田中豪 1:06.181 24位
西谷太一 0:56.458 3位
女子個人順位
小川奈緒子 1:24.729 3位
濱野美涼 1:02.491 1位
試合後のコメント
西谷太一主将「全体としてはまだまだ。一人一人が自分の仕事が分かっていない部分がある。車の整備をした人間が、自信を持って車を送り出せていない。競技面については、実力不足もあるが経験不足も大きい。3年生が抜けて不安な部分もあるが、努力を積み上げれば必ず追いつける。次の全関ダートでは団体優勝も狙っていく」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です