【スケート部スピード部門】 3選手入賞ならず2日目へ

180310%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%88%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・男子1500㍍でB決勝に進んだ小山>
 3月10日、長野県帝産アイススケートトレーニングセンターにて第4回ジャパントロフィーショートトラックスピードスケート選手権大会の1日目が行われた。
 関学からは小山(人4)、橋本(経3)、吉田(人1)の男子3選手が出場。小山が1500㍍で7位となるも、500㍍では全選手が予選で姿を消すなど悔しさの残る結果となった。
 あす、同会場にて2日目が行われる。
 初日の結果は以下の通り。
[男子1500㍍]
小山陸 7位
吉田啓人 18位
橋本啓嗣 28位
[男子500㍍]
小山陸 23位
橋本啓嗣 28位
吉田啓人 38位
[男子総合順位](62人中)
小山陸 11位
吉田啓人 26位
橋本啓嗣 27位
試合後のコメント
橋本啓嗣「感覚は悪くなく、昨年よりいい順位は出ている。だが、格上の相手に対してうまく力が発揮できず、500㍍の予選でも最初は前に出れたがどんどん抜かれていってしまった。今大会が今シーズン最後の大会になり、自分と同じレベルの選手を制して次のラウンドに進めるようにしたい。あすも組み合わせによっては予備予選からきつくなるかもしれないが、格上に食らいついていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です