【ラグビー部】 「赤壁組」から「勝川組」

20170203%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%83%93%E3%83%BC.jpg
<写真・新主将を務める勝川>
2月3日、関西学院会館レセプションホールにて、KGURFC2017年度納会が行われ、新体制が発表された。
監督 牟田至
主将 勝川燿(商3)
副将 香川凜人(人3)
主将 小野晶(経3)
FWリーダー 野村祐太(社3)
BKリーダー 柴崎亮(文3)
監督は昨年に続き、牟田氏が続投。主将の勝川はFLで昨季までリザーブ出場が続いたが、持ち前のリーダーシップでチームを率いる。副将の香川は昨季CTBとしてAチームに定着、来年度は主将を支える。主務は昨年副務を務めた小野が選出された。
また、部内の優秀選手に贈られる各賞も発表された。
【貝元杯 】
赤壁尚志(教4)《春先から続いたスクラム・モールの厳しい練習の中で、体を張ってFWを牽引した》
【高岡杯】
山田一平(商4)《Aリーグ全試合フル出場に脱帽。アタックのみならずタックルでもチームを鼓舞した》
【西村杯】
金淳英(経4)《ディフェンスの最前線で体を張り、チームが目指すタックルスタイルを体現し、勝利に貢献した》
【監督賞】
真砂大二郎(社2)《春は下のチームで過ごしたが、常に上を目指し、リーグ戦では朱紺のジャージを手にした。彼のめまぐるしい努力に敬意を表する》
【新人賞】
伊ヶ崎瑛太(商1)《厳しいスクラム練習を経て、1年生ながらAリーグに出場。まだまだ荒削りではあるが、今後の彼の活躍に期待》
各賞では赤壁前主将ら4年生が3人受賞。壇上であいさつし、次世代に思いを託した。
新主将挨拶勝川燿新主将「目標は関西制覇。そのためにも今年は人間的成長、一体感、誇りの3つを大切にしていきたいと思います。昨年度は誇りを賭けて戦い、負けはしたが誇りの基盤はできたと思う。しんどい練習はあるが自分で考えて動くことを選手のみんなには意識してほしい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です