【卓球部】混合ダブルスはベスト16で幕。シングルスは男女共に全滅

20170117%E5%8D%93%E7%90%83.JPG
<写真・試合後、及川・安藤ペアと握手を交わす大西尚・小脇(右)ペア>
1月17日、東京体育館にて天皇杯皇后杯平成29年度全日本卓球選手権大会3日目が行われた。前日に2年ぶりとなるベスト16入りを達成した混合ミックスの大西尚(商1)・小脇(社1)は4回戦で及川・安藤ペア(専大)と対戦。第2セット以降はリードする場面も見られたが、あえなく逆転を喫し0ー3で敗北した。
シングルスは3回戦まで消化され、関学からは男女合わせて9名が出場。しかし、男子は備本(経3)の2回戦、女子は青木(社3)の3回戦が最高位となり、本日で全ての選手が姿を消した。
あすはダブルスの3回戦以降が行われる。
試合結果
混合ミックス
4回戦
大西尚・小脇0-3及川・安藤★
男子シングルス
1回戦
備本3-1森川(明大)☆
山下(経1)2-3中村(愛工大名電高)★
金川(文3)2-3渡井(静岡学園高)★
大西哲(人2)1-3梅崎(筑波大)★
2回戦
備本1-3森本(協和発酵キリン)★
女子シングルス
1回戦
池上(教3)3-0海保(國學院大)☆
宮脇(国2)3-0本村(ユーアイジュニアSAGA)☆
小脇0-3青木(横浜隼人高)★
青木3-1高橋(サンリツ)☆
2回戦
宮脇0-3天野(サンリツ)★
池上1-3平野(豊田自動織機)★
向山(人4)0-3大島(愛知みずほ大瑞穂高)★
青木3-0伊東(浜名中)☆
3回戦
青木1-3梅村(四天王寺高)★
試合後のコメント
大西尚弥「昨日の相手までとはレベルの違いを感じた。打っても何本も何本も打ち返され付いて行けなかった。全く手も足も出なかったわけじゃないけど、あと1点を取ることができなくて悔しい。16強という結果に満足せず、反省点を春のリーグ戦に生かしたい」
小脇瑞穂「自分のミスが多く、コースが甘かった。自分たちがベスト16に入ったという場違い感を抱いてしまって、弱気になっていた。もっと思い切ってやればもう少し競った試合になったと思う。ただ、ベスト16という結果に自信を持って、春のリーグは優勝できるよう頑張りたい」
今試合が学生最後のシングルスとなった向山佳那「学生最後のシングルスだったが、全部出しきれずに負けたので悔いが残った。社会人になってからは卓球の優先順位が下がり全日本もこれで最後になるかもしれない。まだダブルスがあるので、楽しんで勝ちに行く」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です