【アイスホッケー部】 慶大に1-9で大敗

20171216%E3%80%80%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%9B%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
【アイスホッケー部】 慶大に1-9で大敗
<写真・得点を決め喜ぶ第三セットのメンバー>
12月16日、兵庫県尼崎スポーツの森にて第3回関西学院大学・慶應義塾大学定期戦が行われ、関学は慶大に1-9で敗北した。
第1ピリオド(P)、立ち上がり開始1分に先制点を奪われた関学。終始慶大が試合の主導権を握る展開となった。第1P残り2分にFW多川(人3)がFW木原(経4)、FW舩谷(商1)のダブルアシストで得点を奪うも、慶大の攻撃を止めきれず9失点。苦い敗北となった。
次戦は12月25日、インカレ初戦で東洋大と青森県福地アイスアリーナにて対戦する。
試合後のコメント
打田航介主将(社4)「序盤に失点してしまい、ずっとペースを握られてしまった。慶大の積極的なプレー、強いプレッシャーにこっちが引いてしまい負けた。東洋大は自分たちが最高のプレーをしても太刀打ちできるかどうか。気を引き締めて戦いたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です