【フェンシング部】 男子エペ団体全日本初戦敗退

20171215%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0%E9%83%A8.jpg
<写真・試合後、健闘を称え合う関学の選手たち>
 12月15日、‪福井県武生中央公園体育館にて第70回全日本フェンシング選手権大会(団体戦)が行われた。大会1日目のきょうは男子エペが行なわれた。関学は川瀬紳吾(人3)柏大樹(神2)、麻生川昌平(法1)が出場。1回戦をシードで通過し、2回戦でTeam Oitaと対戦した。立ち上がりからリードされ点差をつけられた。終盤は川瀬、柏が追い上げを見せたが37ー45で敗退。今大会をベスト16で終えた。
 次戦は12月17日、同会場にて第70回全日本フェンシング選手権大会(団体戦)3日目が行われ、関学からは女子エペ団体が出場する。
 
試合後のコメント
男子エペリーダーを務める川瀬紳吾「最初の3人で点差をつけて逃げ切るつもりだったが、その気持ちが強過ぎて失敗してしまった。野田さん(商4)と鷹野さん(経4)が抜けてしまい、戦力が落ちたのでこれからはもっとチーム力を上げていきたい。春のリーグ戦でも優勝を目指す」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です