【スケート部スピード部門】 小山男子1500㍍4位 他選手も粘り見せる

S_7044139531713.jpg
<写真・最後の踏ん張りを見せ、前方の選手に仕掛ける中野>
 11月25日、兵庫県神戸市立ポートアイランドスポーツセンターにて第41回全日本選抜ショートトラックスピードスケート選手権大会の1日目が行われた。
 1日目は500㍍、1500㍍が行われ、関学からは小山(人4)、中野(理4)、橋本(経3)、吉田(人1)の4選手が出場。小山が1500㍍で4位となるも、500㍍では準々決勝敗退となった。
 あす同会場にて2日目が行われる。
 1日目を終えた時点での順位は以下の通り。
[男子]
7位 小山陸
33位 吉田啓人
35位 橋本啓嗣
[女子]
39位 中野和香子
試合後のコメント
大学始めながら3度目の全日本選抜大会出場の中野和香子「格上しかいない中でどれだけ付いていけるかを意識していた。1500㍍はあと少しで前の選手を抜けそうだったので悔しい。500㍍はコンスタントに50秒を切れているけれど、スタートの入りは課題。上の選手に付いて終わるのではなく、出れるときは前に出たい。あとは、最後の選抜なので楽しむ」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です