【バレーボール部男子】 関西インカレベスト8で閉幕

20171119%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・試合前、円陣を組む選手たち>
 
 11月19日、天理大学杣之内第一体育館にて2017年度関西バレーボール大学男女選手権大会の2日目が行われた。関学は準々決勝で大産大にセットカウント0-2で敗北した。
  第1セットは終盤にサービスエースを2本決められ、21-25で落とす。第2セットは一進一退の攻防が続くも、スパイクを決め切ることができず23-25。セットカウント0-2で敗れた。今大会はベスト8で終了となり、11月28日から全日本インカレが行われる。
 
試合後のコメント
菰方大貴主将(社4)「大産大の高いブロック相手に対応できなかった。きっちりレシーブが返ったときはいいコンビができていたが、崩れたときに噛み合っていなかった。だが、バックアタックも自信を持って打つことができているから攻撃の形としては完成してきている。インカレでは最初から最後までみんなが笑って終わりたい。関学の武器であるセンター線を中心に1試合目から熱いバレーをして見ている人を喜ばせたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です