【アイスホッケー部】 リーグ戦3位で終幕

S__9003019.jpg
<写真・試合後、集合写真を撮る選手たち>
 11月19日、関西大学高槻アイスアリーナにて第64回関西学生アイスホッケーリーグ戦決勝リーグ最終戦が行われた。関学は同大と対戦し、5-3で勝利した。
 第1ピリオド(P)序盤からお互い激しく攻め合う展開となった今試合。試合が動いたのは第1P残り3分、FW多川(人3)が先制ゴールを決め、流れをつかんだかに思えた。だが、直後の第2P開始3分、同点ゴールを決められてしまう。合計3失点を喫するも、FW木原(経4)、FW赤㟢(文4)などの4得点によって同大を突き放し、リーグ最終戦を白星で飾った。
 これにて決勝リーグが終了し、関学は7勝6敗で3位となった。
試合後のコメント
打田航介主将(社4)「個人的に関西でプレーするのは最後だったので、悔いの残らないようなプレーをしたかった。チームは立ち上がりはよかったが、失点時の守備がまだ足りない。これからインカレなど強い相手と戦うが、全力をぶつけていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です