【バレーボール部男子】 甲南大に快勝しあすの準々決勝へ

 20171118%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・得点を決め、笑顔で円陣を組む選手たち>
 
   11月18日、龍谷大学体育館にて2017年度関西バレーボール大学男女選手権大会が行われた。関学はシードのため3回戦から出場し、甲南大にセットカウント2ー0で勝利した。
  第1セットは拮抗した展開が続くも、ピンチサーバーの大屋(文4)のサーブから4連続得点を決め、25ー18で先取。第2セットはパイプ攻撃を含めた多彩な攻撃がさえ渡り、25ー22でセットカウント2-0で勝利した。
   あすは天理大学杣之内第一体育館にて準々決勝以降が行われる。
 
試合後のコメント
菰方大貴主将(社4)「展開的にはもっと楽にいきたかったが、1点目から良い雰囲気をつくれていた。今大会でチームの形を完成させないとインカレでは勝てない。新しい攻撃の形は8、9割完成してきた。あすは順当にいけば、大産大、近大と対戦すると思う。高いブロックに対して今のフォーメーションがどれだけ通用するかを確かめて、1試合目からしっかりエンジンをかけて勝ち切りたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です