【バレーボール部女子】 関西インカレ1回戦敗退で4年生引退

171118%20%E5%A5%B3%E3%83%90%E3%83%AC%E9%80%9F%E5%A0%B1.JPG
<写真・歓喜の輪を背にコートを去る選手たち>
 11月18日、滋賀県立体育館にて2017年度関西大学バレーボール大学男女選手権大会が行われ、1回戦で秋季リーグ戦2部3位の園田女大と対戦し、セットカウント0ー2で敗北した。
  接戦を制すことができなかった。桑岡(社1)の先制点からスタート。そこから流れに乗り、連続得点に成功した。5ー2で3点リードとなるも、3連続失点を喫し5ー5の均衡に。そこから1点を争う攻防戦へ突入した。終盤まで均衡を破ることができずにいたが、関学が先にセットポイントに。大手をかけた関学だが、そこから3連続失点を喫し24ー26で第1セットを落とした。続く第2セットは第1セットと打って変わって終始相手ペースとなった。試合終盤には8連続失点を喫し、差を広げられる。最後まで差を埋めることができず、9ー25で第2セットを落とした。セットカウント0ー2で園田女大に敗北。今大会は1回戦敗退となり、4年生は引退となった。
試合後のコメント
中江美紗主将(経4)「1セット目で24点まで行ったのに勝てない所が前と変わっていない。下級生が多い分、気持ちの弱さを痛感した。今まで兵庫インカレも関西インカレも何となく参加していたが、今年は来年の見通しを立てて目的を持って参加した。兵庫インカレでは西日本インカレで負けた3部の兵庫大にフルセットで勝ったので成長が見えたと思う。来年はどうやったら勝てるのかプレーから全員で話し合ったり、試合会場での礼儀など全学年徹底してやっていってほしい。今年の4年生は「部を変える」をいう軸を立てて1年やってきた。下の学年にも軸を持ってやっていってほしい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です