【合気道部】 新体制初試合で、創部初の乱取競技男子アベック優勝!


<写真・試合後、受賞したトロフィーと共に笑顔で写真に写る選手たち>
11月12日、天理大学にて第48回全日本学生合気道競技大会が行われた。関学は乱取競技団体戦にて、創部初の男女アベック優勝を果たした。また、乱取競技女子個人戦で高橋(法3)が準優勝、男子個人戦でも井内(法4)が準優勝となった。続いて行われた演武競技では、男子対武器の部で北坂(商3)・上山(法3)組が3位、女子対武器の部で大津(国2)・岡本(法2)組が惜しくも準優勝。新体制の初の大会でも、数々の偉業を成し遂げた。
結果は以下の通り。
演武競技
男子
対武器の部 北坂・上山組 3位
女子
対徒手の部 坂井(経2)・南條(法2)組 準々決勝敗退
対武器の部 大津・岡本組 準優勝
乱取競技個人
男子
北坂・上山・奥・河口 予選敗退
井内 準優勝
田島(文3)・永井(法3)予選敗退
高橋 準優勝
乱取競技団体
男子
井内・北坂・上山・奥・河口 優勝
女子
田島・高橋・永井(法3) 優勝
試合後のコメント
丸山瞳主将(教3)「自分たちが1番上の代になって初めての試合で、歴史に残る大会になった。乱取も演武も結果を残して、意味のある大会になったと思う。悔しい思いをした人もいるが、後輩に幹部としての姿を見せることができた。後輩も新人戦に向けて気持ちを切らさずに、頑張ってほしい」
乱取リーダーとして全国優勝へ導いた井内啓介前副将「3年半やってきた集大成が出せた。乱取で男子団体優勝できて本当にうれしい。藤川(14年法卒)先輩から優勝旗をもう一度関学にと託されていた。面倒を見てきた後輩と共に取れて最高でした」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です