【スケート部フィギュア部門】 渡邊、杉中が全日本進出決定!

20171105%20%20%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%88%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・大学に入って初の全日本進出を決めた杉中>
11月5日、アクシオン福岡にて、第43回西日本フィギュアスケート選手権大会3日目の男子フリースケーティングが行われた。関学からは3名が出場した。上位11名が12月に行われる全日本選手権への出場権を獲得する今大会。渡邊(商2)が168.93で総合8位、杉中(商4)が166.03で10位となり、ともに全日本選手権出場を決めた。
関学勢の結果は以下の通り。()内はフリーの得点
8位 渡邊純也 168.93(107.29)
10位 杉中建人 166.03(109.95)
17位 山田晋一(文1) 119.32(79.24)
試合後のコメント
8位で全日本選手権出場を決めた渡邊純也「フリーは自信があっただけに、きょうの演技は満足できない。全日本が決まったのは良かったが、悔しさもある。1本目のジャンプをミスしたのを引きずってしまった。ただ、全ては全日本のためにやってきた。もう一度あの場所に戻れるのはうれしいし、ショートからしっかりとエンジンをかけて、フリーで上位に食い込みたい。昨年は雰囲気にのまれてしまったが、今年は最高の演技をして去年のリベンジをする」
大学入学後初の全日本出場を決めた杉中建人「きょうがこれまでスケートをやってきた中で最高の日。全日本に出場するためにここまでやってきたので、終わった瞬間は失敗もあったがやり切ったという思いが一番強かった。後半のジャンプを終えた後、正直疲れ切っていたがコレオシークエンスは見せ場だから絞り切ってやれることはできたと思う。全日本出場が目標で、全日本でフリーを滑るのが夢。目標を達成できたので次は夢をかなえたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です