【アイスホッケー部】 立命大に惜敗

20171105%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%9B%E3%83%83%E3%82%B1%E3%83%BC%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・試合後、整列する選手たち>
 11月5日、 関西大学高槻アイスアリーナにて第64回関西学生アイスホッケー リーグ戦決勝リーグが行われ、関学は3-5で立命大に敗北した。
 第1ピリオド(P)から流れに乗れない関学。 開始8分で2失点を喫し、厳しい状況に追い込まれた。 それでも第1P残り34秒、三小田(教2)のゴールで1点差。 第2Pに入り、再び2点差にされるも後半、森井(商3) の2得点で同点。この勢いで勝ち越したいところだったが、 終盤立て続けに失点し力尽きた。 決勝リーグ初戦を勝利で飾ることはできず、 リーグ戦通算成績を6勝5敗とした。
 次戦は11月12日に関西大学高槻アイスアリーナにて関西大学と 対戦する。
試合後のコメント
打田航介主将(社4)「危険なゾーンでパックを奪われ、 相手にチャンスを与えてしまった。 攻撃陣も得点はいい形で取れたが、チャンスはあったし、 もっと取れたはず。攻守ともにミスが多い。 まずは自分がこの負けを反省し、プレーにぶつける。 率先してチームを勢いづけて、残り2戦勝ち切りたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です