Message flagged 【洋弓部】 新時代到来、新人戦で優勝者を含む入賞者6人!

20171029%E6%B4%8B%E5%BC%93%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1%E5%86%99%E7%9C%9F.jpg
 ]
<写真・女子RC30㍍Wラウンド未経験の部で優勝を果たした魚澄(国1)>
  10月29日、大阪府服部緑地陸上競技場特設レンジにて第55回関西学生アーチェリー新人戦が行われた。試合は悪天候の中で行われ、50㍍ラウンドのみ行われた。
 男子ショートRC50㍍経験者の部に出場した武田(社1)がG.T.(グランドトータル)293点で5位。
 男子ショートRC50㍍未経験者の部に出場した鈴江(理1)がG.T.228点で2位、芦沢(理1)が同点ながら、10点を取った差で3位、近藤(経1)がG.T.227点で4位に入賞。 女子ショートRC50㍍未経験者の部に出場した青木(経1)がG.T.148点で7位、沢登(法1)がG.T.146点で8位に入賞。
 男子RC30㍍ラウンド未経験者の部に出場した中村(人1)がG.T.(グランドトータル)282点で8位。女子RC30㍍Wラウンド未経験者の部に出場した魚澄(国1)がG.T.284点で優勝、樺山(人1)がG.T.259点で6位、伊原木(総1)がG.T.258点で7位入賞を果たした。
 来春のリーグ戦への明るいニュースとなった。
試合後のコメント
 中村伊佐央(人1)「試合が始まる前は、とても緊張していた。雨と風が強くコンディションは最悪の状態だったが、自分の射形できっちりと自分の能力を出せた。今年は入部した1年生が多いので、その中を勝ち抜いてエイトに選ばれるように頑張っていきたい」
 武田朗(社1)「コンディションは悪かったので、自分の狙い通りにはいかなかったが、自分の射形は良かった。今はエイトになんとか入っているが、先輩方の足を引っ張っていて、チームに貢献できていないので、チームを引っ張れるようにしたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です