【陸上ホッケー部女子】 聖泉大に惜敗、秋季リーグ4位

20171029%E9%99%B8%E4%B8%8A%E3%83%9B%E3%83%83%E3%82%B1%E3%83%BC%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・後半6分に得点され、肩を落とす選手たち>
 10月29日、立命館ホリーズスタジアムにて平成29年度関西学生ホッケー秋季リーグの3位決定戦が行われ、関学は聖泉大に0ー1で敗北した。
 大雨で足元が悪い中、行われた3位決定戦。立ち上がりは良く、聖泉大の攻撃を許さなかった。ほぼ互角の戦いで両者一歩も引かず0ー0で折り返す。続く後半、先制点を奪いたい関学。しかし、均衡を破ったのは聖泉大だった。後半6分、関学の守備が戻りきれず、フィールドゴール(FG)から失点。その後何とか追いつこうと奮闘するも、相手の堅い守備に阻まれた。試合終了間際に佐守(商2)がゴールめがけて打ち込むも、合わせることができず0ー1で敗北。3季連続の3位を守り切れず、秋季リーグ戦を4位で終えた。
 次戦は11月9日、天理親里ホッケー場にて全日本学生ホッケー選手権大会1回戦(対立教大)が行われる。
試合後のコメント
桑原寿々奈主将(教4)「勝つか負けるかどちらに転ぶか分からない試合だった。内容は悪くなかったが、守り切れなかったのが敗因。下を向く必要はないので、インカレに向けて心を入れ直し練習していきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です