【自動車部】  男子団体関西制覇!    全関西大会3冠で幕!

171029%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A.JPG
<写真・出場した3選手を囲み写真撮影をする部員たち>
 10月29日、福井県オートパーク今庄にて平成29年度第2回全関西学生ダートトライアル選手権が行われた。関学は団体の部で男子が優勝し、全関西大会で3冠目。個人の部では谷川主将(経3)が2位、前川(商2)が3位入賞を果たした。  
台風22号の影響で雨が降りしきり、地面に水が溜まった状態でレースが開始された。コンディションが悪い中、第1ヒート(H)から攻めのレース。切り込み隊長の前川が1:18.339をたたき出すと、負けじと谷川が1:17.502を記録し、最終個人成績が2位、3位となった。2大会連続、スピード競技準優勝だった春。その悔しさを晴らすスピード競技2大会連続の優勝となった。
 これで今年度の関西大会は全て終了。次戦は11月26日、大阪府近鉄自動車学校にて平成29年度全日本学生自動車運転競技選手権大会が行われる。
 本日の成績は以下の通り。
[男子団体]
優勝 4:39.61
[男子個人]
3位    前川航輝    1:18.339
10位    人見圭    1:21.640
2位 谷川純哉 1:17.502
[女子個人]
2位 濱野美涼 1:23.020
試合後のコメント
谷川純哉主将「団体で3人のタイムできっちり2位に5秒差をつけて勝つことができて良かった。ベストに近い結果をたたき出せたと思う。春の出だしこそ悪かったけど、そのあとの秋の成績はチームとしての成長の証。後輩たちには、来年以降も強く勝てるチームをつくっていってほしい」
自身初3位入賞を果たした前川航輝「3位という結果が出せてとてもうれしく思う。ミスをしたので走行中に第1Hはダメかなと思っていたが、終わってみると第1走者内で1番のタイムだったので驚きが大きかった。今大会に臨むにあたり、後の走者につなげるため、車を壊さず、コースや路面状態の情報を共有することを意識して行った」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です