【卓球部】ルーキー山下が4回戦で健闘も敗北。全員がランク入りならず。

IMG_4234.JPG
〈写真・接戦の末敗れた後、応援席に向かってお辞儀をする山下〉
 10月28日、埼玉県所沢市民体育館にて第84回全日本大学総合卓球選手権大会(個人の部)2日目が行われた。
本日はシングルスが2回戦から4回戦までが行われた。関学は男女共にシングルスは4回戦までで敗戦。4回戦で1年生の山下がフルセットの健闘を見せるも、ランク入りは果たせなかった。
 
結果は以下の通り。
シングルス2回戦
男子
大西(尚) (商1)2-3 ★
山下(経1)3-2 ☆
松宮(人3)0-3 ★
古川(経4)2-3 ★
金川 (文3)3-0 ☆
備本 (経3)3-0 ☆
田中 (商4)1-3 ★
女子
青木 (社3)2-3 ★
向山 (人4)3-0 ☆
宮脇 (国2)1-3 ★
シングルス3回戦
男子
山下 3-0 ☆
高橋 2-3 ★
備本 0-3 ★
佐藤 2-3 ★
女子
向山 1-3 ★
シングルス4回戦
男子
山下 3-4 ★
試合後のコメント

備本将男子主将「全員がランクに残れなかったのは残念だった。しかし山下が4回戦ですごく良い試合をしてくれた。自分にもチャンスはあった。もっと努力して自分にもチーム全体としてもこの経験を生かしたい」
青木沙也花女子主将「向山前主将が抜けて初めての大会。全員が上には上がいるんだと感じた。冬は大会が少ないのでそれぞれトレーニングをしてリーグ戦につながるチームづくりに励みたい」
関学勢でただ1人4回戦に進出し、健闘を見せた山下晴人 「楽しもうと思っていた。ランク入り直前まで戦えたことはうれしいが、それよりも悔しさが強い。来年は必ずランク入りを目指したい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です