【卓球部】 全ダブルスペアが2回戦止まりも、男女共に7人がシングルス2回戦へ

171027%E5%8D%93%E7%90%83.jpg
<写真・勝利後、ガッツポーズを決める備本新主将>
 10月27日、埼玉県所沢市民体育館にて第84回全日本大学総合卓球選手権大会(個人の部)1日目が行われた。
本日はダブルスが4回戦まで、シングルスが1回戦まで消化され、関学は男女ともにダブルスは2回戦止まり。シングルスは7人が1回戦を突破を決めた。
 あすは同会場にてシングルス4回戦までが行われ、16強が出そろう。
結果は以下の通り。
ダブルス1回戦
男子
三村(経4)・古川(経4)ペア 3-1☆
佐藤(国3)・金川(文3)ペア3-1☆
備本(経3)・高橋(商2)ペア2-3★
大西尚(商1)・山下(経1)ペア3-0☆
ダブルス2回戦
男子
三村・古川ペア 2-3★
佐藤・金川ペア1-3★
大西尚・山下ペア0-3★
田中(商4)・廣田(経2)ペア2-3★
女子
向山(人4)・新谷(法4)ペア 棄権
青木(社3)・池上(教3)ペア 2-3★
シングルス1回戦
男子
田中3-0☆
古川3-0☆
備本3-0☆
金川3-0☆
佐藤 2-3★
松宮(人3)3-0☆
卯木(法2)0-3★
廣田 0-3★
山下
女子
新谷 棄権
宮脇(国2)3-2☆
小脇(社1)2-3★
試合後のコメント
備本将主将「4年生が抜けて初めての大会だったが、みんな責任感を持ち行動できていたと思う。ダブルスは1回戦で負けてしまったが、あすはシングルスが待っている。負けを考えすぎず、自然体でシングルスに臨み、自分の最高の力を出したい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です