【硬式野球部】 関大に逆転負け 勝ち点落とし4年生は引退

20171025%E7%A1%AC%E5%BC%8F%E9%87%8E%E7%90%83%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・試合後、笑顔で集合写真の撮影に応えた選手たち>
 10月25日、滋賀県皇子山球場にて平成29年度関西学生野球連盟秋季リーグ戦第8節(対関大2回戦)が行われた。関学は初回と2回で4点を先制するも、7回に逆転され4-5で敗戦した。
 関学は初回、大倉(経4)が出塁すると、中西恵(商3)の左安などで1死満塁のチャンスをつくる。すると、中西雄(法4)の2点適時打で先制。直後の2回、比嘉(社3)の中安から大倉(経4)の四球などで再びチャンスをつくる。中西恵の適時打と相手の野選で2点を追加。だが3回以降、調子を戻した山本(関大)を相手に追加点を奪えない。7回、無失点に抑えてきた藤井涼(法3)含む3投手が5失点を喫し、逆転を許した。序盤はリードするも、4-5で連敗を喫した。宿敵から勝ち点を奪えず、リーグ戦全日程を終えた。順位はあすの同立戦の結果によって決まる。
 
 また、今試合で4年生は引退となった。
【関学】●藤井、甲斐(人4)、長谷(商4)-佐竹(法4)
【関大】山本-高橋佑、久米
[二塁打]関大:西田、太田、倉川
 
試合後のコメント
木内監督「4点を取ったところまでは良かったが、あと1点ほしかった。藤井はよく粘ったが、逃げ切れなかった。結果論になるが、采配が良くなかった。甲斐には難しい場面で投げさせてしまった。申し訳ない。片濱主将は最後、故障の中でよく頑張った。チームをしっかりとまとめてくれた。きょうの試合は、いまのチームが出せる力を全て出し切った試合だったと思う」
片濱大輝主将(商4)「先制していい感じやったけど、中押し点を取れんかったらこうなる。直後は終わったって実感はなかった。泣かんとは思ってたけど、自分が『このチームでやるのは最後やけど』って言って感情が出てしまった。寂しいし、やばいなって。今年は熱さや、泥臭くプレーするってことを求めてきた。みんなに熱いものを持って欲しい一心だった。今秋の同大戦の2、3回戦は気合い入ってた。終盤に逆転されても勝ちにこだわっていた。そういう気概を持つことが大事。それを来年の春の開幕戦から持てたらもっと上に行ける。自分たちは6季連続のBクラスに終わってしまった。まずはAクラス、その壁を乗り越えて欲しい。もちろん優勝を願ってるけどな」
森中健太副将(文4)「勝って終わりたかったのが正直なとこやな。でも、これを糧に藤井(涼介)が成長してくれたら価値あるかな。自分としてはやりきった感がある。いい投手と多く対決してきて、多くを考えてきた。どう戦うか、練習していくか。そういう部分は成長したと胸を張れる。関学は格好を気にしがち。熱い気持ちを持ってる人が少ない。そんな人たちをすくい上げれたらと思って行動してきた。5限の後の練習とかに行って、1年生や2年生の多いところで練習した。厳しいところ(大阪桐蔭高)でやってきて知ってることが多いから伝えれたと思う。それとみんなを背中を押せていたらいいな。自分たちで練習するときに考えていかないといけない。考えれないと結果はついてこないし、リーグでは戦えない。逆に出来たら結果は出るし、野球を楽しめると思う」
大倉卓也副将「先制できていい流れをつくれて、勝てると思っていた。きょうは、ずっと塁に出ることを考えていた。学生野球はきょうで終わり。次は社会人を経てプロを目指したいと思っているので、今の結果を満足はしていない。次のステージのために練習していく」
山口晃副将(社4)「ピッチャーが試合をつぶしてしまった。個人的には、きょう勝って金曜に投げたかった。これまでを振り返ると、いろんな人との出会いがあった。宇都宮さん(16年経卒)や重田さん(17年総卒)と出会えなければ、いまの自分はなかった。野球はピッチャー中心。負けの責任はピッチャーにある。来年は藤井、神野(商3)を中心に頑張ってほしい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です